スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.04.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

真夜中の横浜へ・・・

まず、前厄なので厄除けにいってきました。西新井大師は、本堂に入りきらないほど人がいました。。あまりに沢山いたので厄除けした気がしないんですが、お経を楽しく聞けました。子供の時は一切関心を示さなかったけれど、お経のハーモニーはなかなか聞きごたえありますw

そして、久しぶりに地元の友達と集まった。相変わらずあのメンバーは一緒にいるだけで楽しくて気がラクで、留学前もやった深夜のおでかけで横浜へいきました。その時と同じ、「ビンボーブリッジ」と呼んでいるレインボーブリッジの下にある無料で通れる橋をまた通りました。あれからもう2年・・・。都会の夜景ともまたしばらくオサラバです。

横浜では、ベタに山下公園とみなとみらいをフラフラして海や夜景を見ながらなんとない会話をしてました。帰りはリッチに高速に乗ったので、ベイブリッジを通り、ちゃんとレインボーブリッジも通り、走り屋が好む首都高のC1の怖さをちょっと体験し、地元に朝の4時につきました。4時間そこそこのお出かけだけど、思い出に残ります。写真を撮るということが本当にないメンバーだからこそ、思い出が色濃く記憶されます。中学生・高校生の時に毎日のように遊んでいた仲間も、今では年に数回しか会わないようになってしまったけど、その数回が中高生の時の日常と同じくらい貴重に感じます。




軽手術&ニコ動テスト

おととい、かさぶたがついに取れてしまい、出血したので、
緊急に病院にいって傷口を電気で潰すという処置を取ってもらいました。
おかげで、今は取ろうとしないと取れないかさぶたがいます。
時間がたてば、時期にすべて治るでしょう。

今日は、久しぶりに大学に行き、友達にも会い、
高校の友達とも待ち合わせで会いました。
その彼とは会うのも3年ぶり以上で、なんだか不思議でした。
でも、話はつきることなく、楽しいひと時でした。

読書は、ELT (English Learning Teaching) and colonialismを読み終え、
サイードのオリエンタリズムをあたる必要性を感じて原書を借り、
ついでにTerry Eagletonをもうちょっと読んでおこうと思って
The Idea of CultureとIdeologyを借りておきました。
サイードはなるべく全部、イーグルトンはつまみ読みみたいな
感じで考えているけど、果たして読み終わるだろうか・・・?



ニコ動の動画をブログに貼った場合どうなるかやってみたかったので、実験的に載せてみます。この作業用BGMと呼ばれるこいつらが著作権法違反で削除されないところがなかなかスゴイですね。

「にほんのすか3」では、有名な曲のゆったりスカのカバーを聴けます。


静養中・・・

今日はゆっくりしよう、患部をいじらないようにしようとしてました。
ということでレビューを二つばかり書くという作業にとどめるも、
サッカーやビデオ、テレビを見てたら起きてる時間が長引きました。

もう書きかけのレビューだけど『変容する英語』を公開しました。
消えたりしなければもう終わってる頃だけど。。。
長いです。。やっぱ細かすぎるメモを取ってしまうな〜。。

とにかく、寝ます。
引越しまで、にわかに忙しくなってきました。

明日というか今日は、図書館で『子どもたちのアイデンティティー・ポリティックス―ブラジル人のいる小学校のエスノグラフィー』を借りて読み始める予定です。鼻血のせいで手に入れるのが遅れた。。ちゃんと読み終えられるか不安ですが、これは火曜の勉強会で恐らく必読なので。。


血の木曜日 〔生命の危機を感じる〕

書評や話題性のある事に関する記事にばかりに気を取られ、
この頃日記を書かない日々が続いていましたが、
ちょっとシャレにならない出来事が起こったので書き記しておきます。

21日、木曜日、生まれて初めての救急車&入院を経験しました。

原因が何ともマヌケなのだが、鼻血による出血多量。。
ホントに40分くらい止まらなくて、生命の危険を感じるほど出血したので、
無事に止まってから最寄りの病院にいきました。

病院で血圧を測るときに、腕を圧迫され続けて、体が重くなり、
一時的に意識を失いました。。出血性ショック(?)だそうで、
その後すぐに意識を取り戻し、会話もできたので、先生に大したことない
というのを確認してから体の力を抜いてラクにしました。
そして耳鼻科がその病院にないということで別の病院に搬送されました。

救急車に乗るということ、点滴を受けるということ、入院するということ、
すべてが初体験だったので、こんな感じなのかと気づかされました。

病人の本当の気持ちは、やはり病人になってみないとわからないもので、
幸い僕は一晩越してすぐに退院という軽いものだったけれど、
ずーっと入院ってなったら相当辛いだろうという感覚、
そして病気が重いものだったらという精神的プレッシャーは
計り知れないだろうということは前より少しだけ
理解できるようになったと思います。。

病室には薄型テレビがあり、時代は進んだな〜と思いました。
病室に関する記憶は、思い出せないくらいの時期のことのみです。。

病院にいかずに血圧を測らずにいたらどうだったのか・・・
とも思いますが、病院で処置を受けたことが良い選択だったと思いたいです。

・・・・・書き溜めていた文の書評が消えてしまって痛いです。。。

今は『ポライトネスと英語教育』と『日本人にとって英語とは何か』
を読んでいます。どちらも面白いです。


ブログで勉強

研究者が公的に記しているブログは読んでいて面白い。

しばしば全く知らない専門用語やデリダやフーコーなど
自分がよく理解していないビッグネーム(おい・・・><)
についても解説されているブログがあったりする。

僕にとって 『ブログ=日記』 のような感覚が強かったから、
そういった生産的なブログ使用(元々情報発信型が起源なんだけど)
にはかなり魅力を感じた。(そして自分で真似して失敗した。。)
これからRSSに登録できないものもあるので
ブックマークにまとめる作業をしようかなと思っている。

まあソースとしてブログは非公式だから、深いところに突っ込むには
そこで紹介されている著書をあたるしかないのだが、
それでもイントロダクションとしては取り組みやすいと思う。


一方で、はてなをうろついてたら見られた『実名を晒された論議』
なんて困ったことにもなりえるのがインターネットでもある。

関連して出てきた話題で、昨年の長崎県佐世保市での事件の
加害者(小学生)のプライバシーに関することがでてきた。
実名や写真はあるわ、それに影響されてイラストやファンクラブまで
ネット上で見つけられるという恐ろしい現状。。
数年前の神戸での事件でも犯人の顔写真がネットに流れたらしいし。。
とにかく、当人はおろか家族や遺族の方々が気の毒でしょうがない。。


いまじゃ学校の裏サイトなんてしょーもないものもあるらしいし、
インターネットには人間の善と悪の両面がくっきり表れているね。
善と悪の共存・共生で成り立つ人間の社会は、どこかで折り合いをつけて
善悪・強弱のバランスをとっているにすぎないのかな。。。


PCでスケジュール管理

日々の目標を明確にするには、視覚的にやるべきことを確認するツールが必要だ。

こう考えたので、まず評判の良いフリーソフトに手を出してみた。
Schedule Watcher

このVectorというサイトには随分お世話になっている。
その時にほしい便利なフリーソフトがあるので素晴らしい!

このソフトは評判通り使いやすいし軽い。
割とノートをつけっぱにしがちな自分にはもってこいのソフトだ。

自分的には結構問題視しているのだが、未だまともな手帳を買ったことがない。。
安物で試しに手帳のある生活をと挑戦してみたことは2度ほどあるが、
結局手帳そのものが邪魔くさい存在だとカバンから出してしまったw

簡単なスケジュール管理は携帯で十分だから、
わざわざこんな重いものを持ち歩く必要はない、
と。
自分の怠け者っぷりは、自省すべき点の一つだな〜。。

しかも、去年の後半からは、たいがい記憶で管理していた。
ただ、それにより計画性を失ったのかもしれない。

人は、予定(目的・目標)があるから活動するのだろう。


続きを読む >>

2008

新年、あけましておめでとうございます。

今年は、高い、確固たる目標を持って、日進月歩、

毎日少しずつ成長していきたいと思います。

去年は、そういう大事な気持ちを忘れていたかなと反省していますショック

年末には、今年を振り返って笑顔でいられますよう・・・!!




いい歌ですね、さだまさしの「Birthday」


ここ1週間の出来事

決して素晴らしく完成された卒論とは言えない卒論ですが、
とにかく提出したことでパーティの連続(?)でしたムード

提出日の13日は、ラッシュアワー時に学校に行き、無事に提出。
ホントに、何のドラマも起きないようにと気をつけました。。
ワードで文字化けとか、シャレにならない事態も噂で聞いたからね。

その日は16時から早々と飲み始め、日本酒を飲みだすたらーっ
『樽酒』が激ウマに感じた・・・!!
18時半ごろに、浦和レッズ vs ACミラン戦を見るために
いつものHUBというバーにバー
そこではハッピーな時だけ飲む68%のカクテルを3杯ww
他にもビールや普通のカクテル、40%のラム酒ベースのカクテなど
人生で2,3番目くらいにアルコールを摂取した日でした^^;

家に帰ってそのまま泥のように眠ったが、5時前に起床w
この日は、MITCのミーティングにいって、
僕が唯一絡んでる事項について色々と確認した。
そして、卒論がWorld Englishesについてちょっと
勉強してみようかなと思っていたので、図書館にもいった。
これからはなるべくレビューを残したいなと思ってます。

土曜日は、言語教育シンポジウムに行ってみました。
英語教育+国語教育=言語教育
ってのはシンプルすぎるかもしれないけど、
英語教育と国語教育がうまく連動して、
人を育てよう』(※あえて曖昧な表現を使用)
というような主張をしていたと思います。

それは最もなのだが、登壇者のプレゼンが
すべてその主題に向いていたとは言い難い。

国語教育では、やはりというか予想通り、日本語の多様性が指摘された。
例えば、その話をした先生は鹿児島出身で、奥様が大阪出身。
奥様が「肉」を買ってきてとその先生に頼んで、
「豚肉」を買ってきたことで奥様は、「それ豚やないか!」
と突っ込んだらしい・・・w

つまり、関西で言う「肉」に、豚肉は含まないということ。
東京では恐らく「肉」といえば豚肉も含むと思う。
なるほど、この点は方言だけでない日本語の多様性を表している。

日本語教育という分野からの視点からも興味深かった。
日本語のネイティブスピーカーでは気がつきにくい
日本語の不思議が扱われていました。。

例えば、数を数えるときに4と7。

いち、に、さん、、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう

じゅう、きゅう、はち、なな、ろく、ご、よん、さん、に、いち

言われてみれば・・・という発見も面白いですね拍手

ただ、シンポジウム全体は、やや有耶無耶にして終わった感がありました。
『ことばの力を育む』というサブタイトルのこのシンポジウムでは、
それぞれの登壇者がそれぞれの言語教育の考えを話していたので、
議論にスムーズに発展するような話し合いにはなってかったと思います。
その意味では、2年前の小学校英語教育のシンポジウムは良かった。

ともあれ、シンポジウムが終わったらまた友達と飲む。
久しぶりに会う人がいたので楽しかった^^

火曜日には、指導教授と江古田の焼き鳥屋へ。
あの焼き鳥屋はやっぱりオイシイモグモグ
そこでは、僕くらいの年齢で将来について
迷っているのは普通のことだよね、とか卒業後のことを話したり、
授業のやり方で先生が悩んでいるところを一緒に考えたり、
楽しい時間が過ごせました☆

今日はある読書会で自分の卒論の概要をプレゼンすることに
なっていたので、多少焦りつつも資料を作った。
焦ってやった結果、まあひどいミスがあったけど、
口述試験の前に似たようなシチュエーションで
色々とアドバイスを頂いたので、とても良かったです☆
そもそもの内容にあまり自信が無かった(笑)のですが、
磨けばもっと良くなりえることが明確になった。

プラス、ここで卒論についてのハンドアウトを作ったことで、
1月下旬にある卒論発表会の土台ができたので一石二鳥!

やはり、時間がかけられていればいるほど、
勉強した結果は良いものになるね。
"Practice makes perfect"を忘れずにいよう。

2つ読んだアーティクルも面白かったですが、
Communication Analysis(CA)についての方は本当に難しいというか、
かなり理解に苦しむ内容であったことが残ります。
CAが実際に用いられた事例研究を読めば、
もっとその理念がいかに重要か理解できるかもね。。

そんな感じで今に至ります。

僕は何度かこのブログの意味を見出そうとしたが、
その通りに事が進むわけではないので、
まず使いまくっておけば自然とブログたりえるものに
なるかなと考えることにしました。
最終的には、楽観主義的なゆるゆるの結論に至ってしまったw


heat exhaustion...=夏バテ

didn't know how to say 'Natsu-bate' in English.
'summer lethargy' is an expression for that as well,
but my dictionary says it's formal.

anyway, i suffer from the heat...

the heat kills me... it absorbs my energy...
fu** global warming...lol

in the middle of the summer, yesterday was 15th August,
the day of the end of the WWII.

the media tend to focus on the Yasukuni issue
rather than, say, 'mourning ceremonies'.

indeed, it is an important political issue.
but i'd rather hope that people think about the war once again.

i don't know the Second World War or any wars empirically.
but i see how inhuman they are. i see how cruel they are.
i see how foolish they are...

wars are not politicians' job.
politicians are there to make peace.

however, human beings never stop fighting even in the 21st century.
it's still wartime for some people in the globe.

before i die, i wish i could see the warless world.



続きを読む >>

new laptop.../セットアップ

DELL laptop

i've got a new DELL laptop!!
i didn't choose Windows Vista deliberately,
for that seems too heavy for 1GB memory.
no matter how CPU is quality one like Core 2 Duo,
i still think it's too early to use Vista
in terms of the generally observed PC spec.

so this is XP Home edition,
Core duo processor T2300E (1.66GHz + 667MHz),
512MB×2 memory, 120GB HDD, etc...


it's a good one. i bought this
merely because it was so cheap...!!!!
this was about ¥60000 in a special way to purchase.

at least, i won't have any trouble
with spec. in several years.

it was a nice deal...!!



続きを読む >>


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座