<< 引越しの準備・・・ | main | 就活生の職業選択に"BEST"はない・・・? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.04.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

MITC27

さて、MITCから帰ってきました。

まず、Mに参加するのは実に2年ぶりなので、感覚つかめず。。。
あぁ、ここでの生活ってこんなんだっけな〜って、
思い出しながら動いていました。

ロッジの管理をしているNさんに会えたのが嬉しかったです!
TA時代に長々と話したりしたからか、
2年ぶりなのに僕を覚えてくれていました。


Mではあまり絡みのない2年生たちも多かったので、
なかなか彼らの空気に合わせるのに苦労しましたね。
年長者のパワーを行使しないように必死でした。

しかし、セッションではなかなか話が進まないときに
がっつりリードしてしまったりすることもあったかなぁ。。
TAどころか参加者としても割とブランクがあり、
どうしたもんかな〜、と迷う場面もしばしば。。

セッション自体は、全体的に楽しめるものが多かった。
レベル云々はさほど問題ではなく、メンバーがどのような
ユーモアを出してくるかの方がむしろ重要だったw
もちろん、僕が知らないことに触れる機会はあるわけで、
知的な刺激はしっかりと受けていた。

特に、ドリルでやったTOEICの文法問題とリスニング。。
文法の勉強をしなくなって久しいから、
もう一度ひととおりおさらいすべきだなと思った。
勉強していたときに見落とさなかった
パターンの問題を誤答したのは悔やまれる。
自然に使用されるものと文法的に正しいものは
一定の距離があるのでまあ仕方ないかもしれないが、
常用されている表現が文法的に間違いだから
『不正解』とされているのは多少の疑問が残る。
それでも、日本の英語教育の範疇で使用されているものに
異議を申し立てるのは、それを理解してからではないと
いけないというのは心しておかないといけないですね。。

イギリスにいたときの授業で、
less than 10 itemsの文法的な間違いはなにか
を聞かれた時に、NSは皆わからず、
ただ一人のNNSだった僕もわからずで、
「NSの感覚に同化してるね」と言われたことを思い出した。
嬉しいような嬉しくないような感じを受けた、、、
でもきっと嬉しくないことなのかなと今では思います。

TOEICのリスニングですが、ふざけた選択肢を笑ってるうちに
次に行っちゃってたりしてましたw
"she cut herself"って... この手の選択肢には多少の悪意を感じます。
こんなジョークのようなことすらもわからない人たちが
いると嘲笑しているような気がしました。
choose the best response...
どれが最良か誰が決めるんだと突っ込みを入れたい感じ。
he wants to relax with the womanという面白回答が
自分的にはベストだと思ったりして・・・w
それでも資格だし、僕もそのうちまた受けるかも。。

あと、スピーキングの感覚を取り戻すのに3日は十分でした。
あ〜、自分ってこんな感じで話してたっけな〜ってね。
でも、実はMで話す英語と外国人と話すときの英語は結構違うことも感じた。
それも力関係によるものなのかもしれない。
Mでは強者としての発話を許されるため言葉が出てきやすいが、
外国人、特にL1と話すときには余計につまることが多い。
言葉遣いにより気を使わなければいけないからかもしれない。
批判的談話分析で扱われていそうなトピックだ。


ひどく脱線しましたが、話をMに戻します。
留学中から感じ始めていたITC離れの感覚ってのは、
やはりMを経験してもあることは間違いないかな。
まあ、卒業するものとしては当然のものなのかも知れないけど、
1,2年の頃のように夢中にはなれない自分がいる。

僕らが僕らなりに楽しんだように、
下の子達がこれからも楽しんでくれればそれでいい、
という風に思い、Mでの時間を過ごしていました。
英語学習色がちょっと薄くても、みんな楽しんでいるのが
よくわかったので、4年生としてよかったです。

3日目の途中に抜け出して帰ったので、はじめて鵜原駅へ行きました!
見事に誰も人が居ない無人駅、、最高です!
人のかわりにネコがいたので、エサをあげようと
ポテチを取り出して投げたら逃げられました。。
2時間半かかって自宅の最寄り駅に着きましたが、
乗り換えが5回もあったので遠いと感じませんでした。
うまいこと快速や特急に乗れたこともありますね。


感想に一切まとまりがないので、最後に英語学習者の
自分としての反省を記して終わろうと思います。

まず、英語学習者として今の姿勢はよくないと思う。
本を読んでいるときにわからない単語はメモっておくべきだし、
わからないことを調べずに放っておく癖も悪習慣だろう。
内容が大体わかればいい、という考えを超えなくてはならないと感じる。

解決法は簡単で、もっと語彙を増やすための努力をしろ、ということ。
現状に満足していた最近の自分から脱皮せねばなりません。


スポンサーサイト


  • 2010.04.07 Wednesday
  • -
  • 22:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座