スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.04.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

帰国

とうとう日本に着いてしまいました!!
やっぱ、ホームはホームです。なんの違和感もないw

それとは違って、韓国は違和感だらけでした。
日本に帰る前にいいクッションになったかも。
韓国の写真はまた後日。

帰国した日は割といそいそと片付けをしたけど、
今日は一日中寝ていました・・・。
まあ、1年間の疲れを癒したということで♪

性能のいいパソコンで作業をするのは気分がいいな〜☆


house party

自分でパーティーなんか開くと思わなかったけどね、
ハウスパーティーをやりました☆

いろんな人に会えて、ほんとによかった!
まあ、最初はちょっと焦ったけどねw
ということで、ヨーロッパのパーティーの話をちょっと。

彼らは、1時間や2時間くらい遅れてやってくるのです。
それが、完全に普通になっているのです。
開始は8時でした。人が本格的に集まったのは
9時半くらいかな〜・・・。

最初にきたのはどこぞのデンマーク人。8時半くらいかな。
日本を知っている彼だからこそ早めに着てくれたのかもね。
やっぱり、時間になっても誰もいなかったりすると焦るよw

でも、人が揃ってからは、当たり前だけど知ってる人ばっかで、
そのみんなが一つの場所に勢ぞろいしたことが嬉しかったです。
来て欲しかったけど来なかった人たちもいるけど、
やはり都合もあるから仕方がない。
主催者の大変さを参加者は、普通は知らないのです。

写真は気が向いたらアップします。
う〜ん、、よかったよかった^^


tears

i cried... after i wrote the last diary.
how stupid i was, how self-centered i was.
i shouldn't have thought that i don't wanna go back.
that's the worst idea ever in my life.

how can i forget my dears back home.
how can i ignore the fact that they have brought me up.
Japan is my home. my home is there.
my friends are there. my places are there.

it's sad that i won't come back here for a while.
but being here must be the best experience in my life.

i can't wait to see my friends, my relatives, my family.
what i am afraid is that i might cry when i see you...
続きを読む >>

hell

between England and Japan, what the hell !!

my heart is nearly torn...
i like here. here's comfortable.

i wonder why i feel so sad to go back to Japan.
the answers are my friends here,
the potential future if i had,
and the environment here.

i shouldn't forget that i've got a lot of dears back home.
but it seems quite different anyway.
i am scared how i am gonna feel like in Japan.
i fear whether there is any place that i can be............
shit. it's awful.......... but that's what i feel now.

before coming here, i missed Japan. why not now ?
whatever theories give me a guideline,
whatever the unchangeable facts are,
i'm feeling very bad...............
not logical at all, but so emotional, humanistic,
vulnerable, fragile, mental, whatever...

i'm trying to find something fun back home.
and i will enjoy that for sure.
but like after one month later or something,
i don't know how i'm gonna feel Japan.

it's my place of origin. that's where i have been for 20 years.
it should be fine. yeah, it should be fine...
perhaps the most fearful consequence is in case
there are so many things that i cannot accept.

続きを読む >>

hell

between England and Japan, what the hell !!

my heart is nearly torn...
i like here. it's comfortable here.

i wonder why i feel so sad to go back to Japan.
the answers are my friends here,
the potential future if i had,
and the environment here.

i shouldn't forget that i've got a lot of dears back home.
but it seems quite different anyway.
i am scared how i am gonna feel like in Japan.
i fear whether there is any place that i can be...

before coming here, i missed Japan. why not now ?
whatever theories are, whatever facts are,
i'm feeling very bad...............
not logical at all, but so emotional, humanistic,
vulnerable, fragile, mental, whatever...

i'm trying to find something fun back home.
and i will enjoy that for sure.
but like after one month later or something,
i don't know how i'm gonna feel Japan.

it's my place of origin. that's where i have been for 20 years.
it should be fine. yeah, it should be fine...
perhaps the most fearful consequence is the case
when there are so many things that i cannot accept.

続きを読む >>

どこに・・・

自分がどこにいきたくて、自分がどこにいたいのか。
違う世界観の狭間でもがいてきた僕。。

今日、ジャムをもうすぐ卒業するH氏と話して、
リアルに1こ上の代がいないジャムを想像しちゃった。。
寒気がするほど、違います。

ホントに浦島太郎気分です。帰るの軽く怖い。。

帰る段階までもっていけないかもしれないことは、もっと怖い。。
切り替えが大切なのだろうか・・・。

こういうとき、僕は弱い人間だなと思います。


うひょ〜

あと5日だって・・・冗談キツイw

やっとこさ身の回りがスッキリしてきました。
でもまだ課題はスッキリしていないのです。。


sense of place & belonging

どの場所にいて、どこに所属しているか?
日本人が日本で育ち、日本にいればあんま問題ないんだけど、
外国で育ち日本を知らない日本人、
日本で育ち外国にいる日本人には
常につきまとうであろうアイデンティティの要素。

僕はイギリス文化に対して、integration (融和)という立場を保った。
僕は将来イギリス人になるわけじゃないので、
assimilation (同化)という手法はとらなかった。
後のほうで文化を学ぶにあたって『融和』はいい選択では
なかったように思えてちょっと後悔した決断ではあるけど、
決して間違いというわけでもなかっただろう。

僕はここに1年間しかいないことを念頭においていた。
納得のいかないことが多々起きるけど、イギリスは好きです。
またある程度長い期間でこれたらいいなと思う。
それにあたっての弊害は、お金だけです。

そろそろ留学の総括をする時期がやってきたのかな〜?
ここを離れる直前、または日本についてから
総括してみようと思います。


Dover

ドーヴァー城にいってきました。
いつでもいけるだろうと思っているとこうなるのです。。
もう出発も一桁を残すのみとなってしまいました。
つくづく自分は事前に行動できないなと思う・・・↓
軽く憂鬱になってきた。。

もうちょっとした旅は手馴れたもので、
ガイドブックなんかいらないんだって思えてきました。
とりあえずインフォメーションオフィスいきゃ
どうにかなんだろっていう感じでいきました。

その通り、どうにかなっちゃうんですね。
地図もらって、オフィスの人と話せば大体OK。

城は、エディンバラと結構似てるなと思った。
もともと防衛+攻撃目的の建物だから、
細かいことよりは城の構造自体が面白かった。

もう一つ、秘密トンネルは非常に面白かった♪
ドーヴァーはフランスと対峙するところで、
よく攻められたんですね。
それで地下の秘密基地で安全な場所を確保し、
基地内外との連絡、攻撃指令などをしていたらしい。
その当時の状況がしっかりと残されているのがすごい!
指令室みたいなところは雰囲気あった!

で、3つの階にわかれているらしく、
一般公開しているのは2つのみ。
一番下の階が未公開なので、何かまだ行われている
んじゃないか疑惑があったりするんだってw
そうだ、、きっと、なにかある・・・

そして、例のごとくデジカメを忘れたので、写真はまた今度↓
友達にでももらいます。


もしかして・・・

2,3日サボった・・・?
そんな気すらしなかった、、時間が経つのが早い。。

昨日は、本読んでレクチャーにでてカモにエサをあげて、寝た。
今日は、ちょっと読んでセミナーでてカモにエサあげて、
ある日本人の先生とお会いして、買い物して、もうすぐ寝る。

カモのメスの方がかわいくてしょうがないです!!
オスは臆病でちっともよってこないんだけど、
メスはパンを投げずに持っていても食べてくれる☆
空中キャッチもうまい。食べるときたまにジャンプする。
届かないところにエサを上げるとジャンプする!
庭があったらかもをかっているところですw

日本人との先生(日本で教えている)とは
主に大学院についてと、学問について。
知れば知るほど、厳しい世界です。
ちゃんとしたバックグラウンドがないから更に驚き。。
日本に帰ってから、どうやって勉強するかは
もう一度よ〜く考えようと思います。

修士も結局は学問の世界に一歩はいった
だけのようなものだと思うけど、
いく限りは人の知らない世界を知りたいです。
お金にはならないけど、いい教養にはなるでしょう。
社会人になっても見えない矛となると思う。
とりあえず、帰ったら、試験勉強です。。。
その前にパーッと遊ぶけどね〜♪


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座