スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.04.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

卒業に思う・・・

昨日、学部生生活が終わりました。
卒業ということに感情的になることはなく、
またここにくるだろうし…また友達とどこかで会えるだろうし…
と、淋しさ/悲しさを感じることはありませんでした。

卒業式・・・あんまり出席したくなかったけど、しました(笑)

周りがザワザワしすぎていて本当にげんなりした。
学長がことばの重要性を説いている目の前で、
人の話を聴かない学生がいるというなんとも
皮肉なシーンがありました。

日本人は礼儀正しいなどと外国人から通俗的に言われるが、
団体行動をしている日本人が無作法なことも
またよく知られているでしょう。

高等教育に進んでも、注意されなければ私語を慎まないで
壇上の人の話も全然聴かない・・・なんて考えると、
なんだか悲しくなりますね。。。


その後は、渋谷のセミフォーマルくらいのドレスコードが
あるっぽいところで友達と飲みました。
いくら時間があっても、語り足りないですね。

今日はゆっくり過ごそう・・・と思ってはいるのですが、
サッサと読むべき本を開かねば・・・(汗)
そして、レビュー作りにも取り組まなければ。。。




卒論報告会

口述試験であれだけ問題点を明確にされたので、
正直あんな駄作を人前で発表したくない、と思ってた。

しかし、まああくまでポジティブに考えれば、
あの卒論での失敗から学ぶものは多かった。

僕の卒論の反省点の前に卒論報告会について。

あまりpeer evaluationというような慣習が無いためかわからないけど、
他の学生が何を勉強していてどのくらいよく知っていてというような
事がわかるコミュニケーションをする機会が少ないという実感はある。
だから、他の人が卒論の内容について発表しているのを見るのは楽しかった。

内容は多種多様で、正直、人文学部のクセに
人文学っぽいものが新鮮に感じられた(笑)
僕は19世紀のどこそこ、だれそれについて、
その時代背景についてなんか、文学の授業でかじった程度で。。
あんまり特定の過去について本格的に色々文献読んで
調べてみたいなことをしてないので、やっぱり新鮮だった。
どうしても現在話題になる問題に目がいっちゃいがちです。。
新鮮だったのにそこまで興味を駆り立てられなかった・・・。

自分の発表に関しては、卒論が穴だらけだというのは理解していたので、
色々突っ込まれるのは重々承知の上、(嫌々)壇上に登った。
概要をざっくりと15分間くらいで反省点を含め言った後は、
3年生からの普通の質問に答え、副査の先生から批判点の雨ざらしで。。
出来る限り質問には答えたけれど、
もうちょっとなんとかなったようなそうでもないような。。。

以下、山ほどある反省点です。


続きを読む >>

卒業論文口述試験

30分くらいの予定なのですが、終わってみたら50分経ってました。

非常に有益な時間だったと思います。
形ある論文についてそこまでがっつり突っ込まれたことは
初めての経験で、自分の足りなかったところがよく理解できました。


そして、『悔しい』と思った。


この頃は、悪い意味でなんでも大した努力をしなくても適当にこなせてた。
100%の力なんか出さなくても、乗り切れる壁ばかりだった。
授業のテストとか、レポートとか。。。

ただ、卒論は、そう簡単ではなかった。
にも拘らず、自らハードルを下げたがために質の悪い論文に
仕上げてしまい、その事実を口述試験で直視することになった。

どのように議論を構築した方が良かったか、というところが
やはり一番参考になった部分だろう。
ある意味、無謀なチャレンジだとわかりながらしてみたことは、
やはり無謀でしかなく、構成に悪影響を及ぼすのみだった。

同じような失敗をまた繰り返さないようにすることしかできないので、
次に論文を書く機会があったら、議題に関連すること、その思想など
分析するときに必要な知識もすべて学習してから書きたいです。


課題とテスト

大学生は課題とテストに追われる時期となりました。
僕はといえば、イギリスの大学の学期末と比べて、
なんともrelaxingなテスト期間を過ごしております。。

むこうでの12月と3月は死の月間だった。
一気にどばっと2000〜3000 wordsの課題を
3,4つ同時期に提出しなきゃいけない。
もちろん外国語だからという苦労もプラスされるだろうけど、
切羽詰ってかなり大変だった記憶がある。。。
終わったらバーンアウト症候群にかかったほどに。。
6月のテストは経験していないからわからないけど、
みんな顔面蒼白になるほどのことだから想像はつく。
むこうの筆記試験は参考文献もレポート同様の形式で
書かなきゃいけないから尚更大変だよね。

一方、今は授業数が少ないのもラクな要因ではあるが、
レポートの字数が少なく、テストで要求されていることは
必要事項を理解していれば何の問題もないと
斜に構えることなど全くない。。
僕の指導教授も言っていたけれど、もっと勉強させていいと僕も思う。
まあ、とても「良い学生」ではない自分が言えることではないが。。

イギリスでの60分授業に慣れきっていた僕だからか、
『まだかな〜』と時計を見るといつもあと30分残っていました。
90分も集中していればなんてことないけれど、
集中していないと本当に長い。。


続きを読む >>

卒論提出完了

とりあえず、卒論を無事提出することに成功しました。
これでよほどのことがない限り、卒業できないという事態にはならないでしょう。

卒論を含めてブログ半休止期間に考えたことはとても多い。
留学から帰ってきて、しっかり自分という個人に
対面していなかったのかな〜と感じてる。。


まず、民族学誌的な研究はやはり僕にはむかなそうだと思った。
向き・不向きで物事を語るのはよろしくないのは承知の上だけど、
これに毎日従事したいとも思わないので。。
そもそも、留学をキッカケに卒論に関するテーマがほしかったから
設定しただけのテーマであって、自分が必ずしも心の底から
追求したいものじゃなかったのかもしれないといまさら思う。。
決して無駄ではなかったことだけは確かだけど・・・!!

自分の中で地域研究への違和感を持ちつつ、
大学院を受けてもしょうがなかったかなと多少後悔。。

卒論も終わったことだし、新しい分野を必死に勉強したいと思う。
来年度に所属するとこのないNEET、
またはフリーターにはあまりなりたいと思わないので、
どこかに所属して自分の本当に関心のあることを追求してみたい。
次をラストチャンスとして考えなければ・・・!!


何はともあれ、無事に卒論を提出できたので、今日は飲み明かしますw
正確には昼間っから卒論提出組と飲んでやります・・・!!
ついでに浦和レッズ vs. ACミラン戦もバーで観戦します!

そろそろ、くだらないネタでもいいからブログに
いろいろ書いていこうかな〜と思っています。
発信しないで内にためていると、腐ることがわかったので。。

『何かあったら誰かに報告せずに入られない生粋のブロガー』
とミクシーの占いにも指摘されたので、乗ってみようかなw
だから記事は脱力系とキチキチ系の二つに分かれそうです。

英語も継続します。

英語の100%自己満なので書きたいこと書きます。
英語の部分は読者が半減すると思うので、ある意味気楽ですw


続きを読む >>

thesis.../気分

how difficult research is...
it seems like i haven't understood it yet.

even for my field of study,
it may take several years to be fully
familiar with the concepts entailed.

i am in the undergraduate level.
then my thesis won't be quality one, strictly speaking.
well, the real one is the postgraduate, doctoral level.

given all, i've just started learning.
well, in this sense, i'm not that old...
i hope...

as the direction is becoming clearer,
there's a light between dark clouds.



続きを読む >>

day off

木曜日は授業をとらないことにしました。
ので、おうちでのんびり、たまっているDVD をみて、
授業で読まねばならないDickens の小説、
Hard Times を読みきりました。
短く、やさしくなっているものなので、1日で終了した。
授業に費やす時間はあくまで短く済ますぞ・・・w

ただ、ちょっとLazy になりすぎたかな。
一日休みがあっといて1冊しか読まないとは。。。

明日はまた地元の友達と会うことになった☆
ホントに人と会うことが多い!楽しいな〜♪


日本語の授業

最近、出費がハンパじゃないです。。
飲みに行ったり、外食するのもいいんだけど、
もうそろそろ、しっかり節約しようかと思います。

今日、ひっさびさの日本語での授業がありました。
なんとなく懐かしい、それでいて内容的に物足りない
なんてことを感じてしまった。
やっぱり、授業スケジュールとリーディングリストが
あってほしいなと、思ってしまうんですね。

しかし、留学生の授業でさえ、リーディングリストはあれど
モジュールアウトラインが無いということらしい。

今年は、卒論+院試イヤーだから、
できる限り色んな先生と話すようにしています。
授業料以上のものをもぎ取らないと!


grades

今日は成績が返ってきました。
目標のC なしが達成できたどころか、
前年度よりかなり優秀になってたかもしれない^^;
でも、僕の学生っプリを知ってる人には説得力なしかも@@;
今までGPAは二の次でやってきたけど、
それを追求するのもありだったなと思った。。

新3年生のガイダンスにでてみたところ、
予想外に新しく来てくださる先生の紹介ばかりしていました。
新しくできた授業はかなり魅力的なものが多くてうらやましいです。

留学でむこうの大学の学生登録等を済ませていったら、
Medical Centreのセクションで、Vaccinateという単語が−−;
なんでもイギリスに来てすぐ特定の病気になる人が多いそうな。
来る前にした方がいいみたいだけど、
行き先の大学でも対応してくれるみたいだし、
よ〜く考えておかねばならないことが一つ増えた。。。


新学期

ついに、新学期が始まりました。
いつもは静かな大学(休み中に何度も行ってたから)だけど、
今日はにぎやかでなんだか違和感を感じたな〜。
でも久々の人と会える事はやっぱ嬉しい☆

今日は何かとミスが多かった一日かもしれない。。
僕はそーゆーの結構引きずってしまうからね↓
まあ、してしまった事は仕方がないし、
次にミスしないように心がけるだけなんだけど↑

この頃の自分はホントにしっかりしてないから、
新学期と同時に気を引き締めていかないとなと思う。
明日はついに二年次の成績も見る事になるしね!!
果たしてC以下を取らないという目標は
達成されているのだろうか・・・?


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座